キャベジン

amemi0223.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 27日

ゆるせない

d0115507_1351435.jpg

我が家も楽しいクリスマスを過ごしました。
うーさんもこっちゃんも沢山プレゼントをもらいました。



そんなクリスマス過ぎの出来事です。


実家の近くに小学校があるのですが私の母がうーさんや孫達を連れて小学校までお散歩に連れていってくれました。

冬休みなので校庭の遊具で少し遊ばせてもらいました。

滑り台でうーさんがすべったらお尻が痛いと泣いたそうで、母がうーさんのお尻服ごしでみたけど何もなってなかったので、とりあえず歩かせてお家に戻ってきました。
うーさんは元気がない顔してて、母にお尻が痛いってゆうのよ、って聞いてうーさんが履いてたジーンズとパンツを下ろした瞬間、私は絶句してしまいました。



右側のお尻に竹串が突き刺さっていました。


竹串はジーンズとパンツを綺麗に貫通してうーさんのお尻に突き刺さっており、途中で折れていました。


私は酷く動揺しながらも抜かないと!って思い串を引っ張るけどしっかり奥まで突き刺さっているのかびくともせず。
うーさんは酷く痛がり泣きじゃくるので私では無理と判断し病院に連れて行きました。
行った病院では処置できないため紹介状を書いてもらいそこへ行って無事抜いてもらいました。


私も母も刺さる瞬間はみてないのでどうゆう状態で刺さったのかわからないけど、硬いジーンズも貫通してあんなに奥まで突き刺さるとゆうことは滑り台の滑ってる途中に竹串があったとしか考えられず。
次の日、私は娘が遊んだ滑り台を見に行きました。

うーさんに刺さってた竹串は途中で折れてたので滑り台で刺さったのなら折れてる竹串がまだ挟まってると思って。


小学校の滑り台は大きな滑り台で、あいだあいだに溝があります。
その溝はちょうど竹串が挟まる広さ。



そして、私は目をこらしながら滑り台の溝を調べたら…




ありました。



折れた竹串。



ちょうど滑り台で一番加速がつく場所に。


見つけた時、うーさんがどれだけ痛かったかと思うと涙がでてきました。

加速がついた身体は痛くても逃げることができず、そのままうーさんのお尻を貫いたのです。


子供が遊ぶ遊具にこんなイタズラをするなんて、許せない!
怒りがおさまりません。


もう二度とこんなことが起きてほしくない。


うーさんのお尻はもうだいぶ良くなりました!



でも、


滑り台を滑るのを嫌がるようになりました。



ママがまた滑り台は楽しい遊具なんだって彼女に教えてあげなければ。
[PR]

by amemi_0223 | 2014-12-27 13:06


<< 2014年      断乳3日目からラストまで >>